韓国で人気の日本映画ランキングTOP10【2019年版】




アンニョンハセヨ!hinaです!

これまで韓国で人気の日本ドラマや歌、漫画についてご紹介してきました。

今回はリクエストがあった韓国で人気の日本映画ランキングTOP10をご紹介します。

10位:日本沈没(2006年公開)

小説から1973年に映画化された作品をリメイクした話題作。
韓国ではチョナン・カンとして知られているSMAPの草彅剛(くさなぎつよし)と柴咲コウのダブル主演の日本映画です。

日本が一年後には沈没してしまうというデータが。
日本を救う方法はあるのか?

hina
ありえない話ではないので、少し不安になりながら観た日本映画!
きうい
CGの技術がすごくて、目が離せなかった!

9位:Shall we ダンス?(1996年公開)

どこにでもいるような平凡なサラリーマンが社交ダンスの世界へ飛び込むハートフルコメディ。
年齢関係なく何か新しいことを始めて、熱中していく姿に感動を覚える人も多く、日本・韓国だけでなくハリウッドでもリメイクをされた作品。

hina
新しいことを始めるのに年齢は関係ないって思わせてくれる作品!
きうい
笑えて、感動して、最後には元気になれる日本映画だよね!

8位:踊る大捜査線 THE MOVE(1998年公開)

織田裕二さんが主演の大人気ドラマ『踊る大捜査線』の映画化作品第一弾!
あの超有名な「事件は会議室で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!」と言う名言が生まれた映画。

hina
ドラマシリーズには韓国女優のイ・へインさんが出演していました!

7位:呪怨(2003年公開)

日本で一番怖いと言われているホラー映画『呪怨』
もともとはビデオ作だったものが、話題を呼び映画化に!

その後も大ヒットを続け、続編が出て、さらにはハリウッドでリメイク。
ゲームのソフトも販売されるほどの人気となりました。

きうい
日本のホラー映画は本当に怖いから韓国でも大人気!
hina
ホラー映画で泣いたのはこれが初めて!日本映画のホラーはクオリティが高すぎるよ…

6位:借りぐらしのアリエッティ(2010年公開)

韓国でも大人気のスタジオジブリ作品。
古いお屋敷の床下に住む、アリエッティ。
床上にいる人間に気づかれないように必要な分だけ必要な物を借りて暮らす借りぐらしの生活を送る小人のお話。

きうい
日本映画といえば、ジブリ作品は外せないよね!
hina
私は『耳をすませば』が一番好き!

5位;崖の上のポニョ(2008年公開)

またまたジブリ作品がランクイン。
5歳の男の子が魚の子供ポニョに出会うお話。
藤岡藤巻と大橋のぞみさんが歌う歌も大ヒットした日本映画。

きうい
韓国語バージョンの歌もあるよ!
hina
韓国語バージョンも大橋のぞみちゃんが歌ってるの!韓国語上手!

4位;Love Letter(1995年公開)

中山美穂さんと豊川悦司主演のラブストーリー。
婚約者を亡くした主人公が彼を忘れられず彼が昔住んでいた場所へ手紙を送ることから物語が始まる。

韓国で日本映画が解禁になった1998年の翌年に公開された後、瞬く間に人気になったそうです。

きうい
劇中の「お元気ですか」と言うセリフは韓国でも話題になったよ!
hina
日本映画なのに、私はまだ観たことない!

3位;千と千尋の神隠し(2001年公開)

ジブリ作品の中でも圧倒的な人気を誇った『千と千尋の神隠し』
舞台となった台湾へ旅行に行く人も増えたとか。

hina
私もこの映画を観て台湾旅行へ行きました!

2位;ハウルの動く城(2004年公開)

木村拓哉さんが声優をつとめて、とにかくかっこいいと話題になったハウル。
3位の『千と千尋の神隠し』のソウルでの観劇者数が937,459名に対し、『ハウルの動く城』は981,221名という僅差で2位にランクイン!

きうい
韓国人俳優のウォン・ビンとキムタクって似てるよね?

1位;君の名は。(2016年公開)

ソウルでの観劇者数が1,137,941名と大人気になった『君の名は』
映画だけでなく、主題歌も大ヒットしましたよね!

以前公開した韓国人に大人気!日本のカラオケ曲ランキングTOP10【2019年度版】でも映画の人気具合が分かります。

hina
新海誠監督の『言の葉の庭』も本当にオススメ!

まとめ

今回は韓国で人気の日本映画ランキングTOP10をご紹介しました。

日本でも大ヒットの名作ばかりでした!
やっぱり日本映画は大人気!

きうい
今後も面白い韓国情報をお届けします!よかったらブックマークしてね!











公式LINEのお友達募集中!

『ねっくむこ』公式LINEアカウントを友達登録してくれた方限定で、お得な情報やプレゼント企画のお知らせを不定期で配信していきます。お楽しみに!